健保からのお知らせ

2018/03/29

平成30年度4月からの健康保険制度の一部変更について

法改正により平30年4月から下記のとおり健康保険制度が変更になります。

1.入院中の食事代の引上げ

入院時の食事代の自己負担(1食あたり)が360円から460円に引き上げられます。

低所得者の負担額は現行どおりに据え置かれます。

2.紹介状なしでの大病院受診時の定額負担の見直し

「紹介状」を持たずに大病院を受診する場合に、初診料とは別に一定額を負担することが義務付けられていますが、患者から定額負担を徴収する義務がある医療機関の対象範囲が、許可病床500床以上から許可病床400床以上の医療機関に拡大されます。

身近な診療所では通常の外来受診の治療、特定機能病院等の先進医療を行う大病院では高度な医療を必要とする入院患者等の治療に特化するという、医療機関の役割分担をさらに進めるためです。(初診時において5,000円以上)