特定健診・特定保健指導

特定健診とは

生活習慣病といわれる糖尿病や高血圧症、脂質異常症は、最初は症状がなくても心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気につながり、生活の質の低下や医療費の増大を招きます。特定健診(特定健康診査)は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目してこれらの病気のリスクの有無を検査し、リスクがある方の生活習慣をより望ましいものに変えていくための保健指導を受けていただくことを目的とした健康診査です。

特定健診の対象になる方

当健保に加入している40歳以上74歳以下の方

受診方法

ご本人様 「特定健診」については、従業員の皆様が各職場で受けている定期健康診断、人間ドックが「特定健診」を兼ねることになります。新たに健診を受ける必要はありません。
ご家族の方 家族の方が特定健診を受診する場合には、「受診券」が必要です。受診券は各事業所の人事担当課又は直接当組合にお申込ください。受診券の配付は人事担当課より被保険者の方に配付いたします。「受診券」を受け取った後に、集合契約を行なっている健診機関へ連絡し、「受診券」と「被保険証」を持参のうえ受診してください。

受診機関について

ご家族の方が特定健診を受診する場合は次の「集合契約Aタイプ」「集合契約Bタイプ」から希望する健診機関を選んで受診ください。

健診機関(「集合契約Aタイプ」「集合契約Bタイプ」)の調べ方

パスワードは次の通りです。

ご加入の健康保険組合名:山崎製パン
保険者番号:06139083(半角数字8桁)

「住所」と「Aタイプ/Bタイプ」を選択し、健診機関を検索します。

  1. 「集合契約Aタイプ」とは
    日本人間ドック学会等健診6団体と健康保険組合連合会との集合契約のことです。
  2. 「集合契約Bタイプ」とは
    各都道府県の代表者(医療保険者)と県内医師会等との間での集合契約のことです。

Aタイプ、Bタイプいずれも、健診料は当組合が負担します。

特定健康診査等実施計画

第3期 特定健康診査等実施計画   パスワードは保険者番号です(健康保険証の最下段の8桁の番号)

社内報掲載記事等

「特定健診・特定保健指導」については、社内報でも加入者の皆様に広報しております。わかりやすく説明しておりますのでぜひご参照ください。